<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 東日本大震災「どうぶつ救援本部」への寄付報告 | main | ラジオ体操 いち にっ さん >>
アイドルチェリーのこの頃
 今年の12月で10歳を迎えるココロのアイドル チェリーちゃん

半年くらい前より遊び場に出てもよろよろするようになり、先日よりケージの中でもひっくり返ってしまうようになりました・・・

右足の筋肉が衰えて身体をささえているのでやっとの状態。
ひっくり返っても起き上がれない時は後ろ足を引きずるように歩くので、すぐにケージ内をバリアフリー化しました。

バリアフリー

【ケージ内仕様】
ケージの網の上にバスタオルを敷き、その上におしっこを吸収しても表面がべたつかなく肌触りのいいZEROワンワイドシーツ
体勢が低くなった時でも食べやすいように、横向きにも使えるチモシースタンド、器の中で一番低いハッピーディッシュダブル、給水ボトルは高さを変え2つ設置。

それでも足が横になり立ち上がれなくなると、うまく水を飲む事ができず食欲も落ちてきてしまったので、いつでも水が飲めるように、衰えた足をいい形で固定できるように保定ハンモックに乗ってもらうことに

ハンモック

動きたくなると暴れるので、眠たい時間帯だけハンモックに入ってもらい、その他の時間はケージに戻ってを繰り返す事で、なんとか立って水を飲めるようになりました。

とは言っても補助的に器に入れたお水を口元にもっていくとゴクゴクのむチェリーちゃん。
今は定期的にお水をあげるようにしています。

ごくごく

今回チェリーちゃんの体がよろよろし変化があった時、水を飲む量が減って食欲が減ったので時すぐに病院で点滴を入れてもらうことで、食欲も戻り水を飲む気持ちも戻りぐっと持ち直してくれました。



年齢が上がるほど、持ち直す力も弱くなるので、早く気がついて早く処置してあげる事の大切さを改めて感じます。

ココロのアイドルであり、NO1モデルのチェリーはちょっぴり高齢になっても現役のモデルさんです♪